外断熱コンクリートだと快適に住めると言われています。どのような住み心地なのでしょうか。

結露防止でカビが発生しにくい

普通の家であれば、結露が発生してしまう事も多いでしょう。室内の温かい空気が、冷たい壁やガラスに触れる事で結露ができてしまうのです。ガラスに結露ができているのをよく見かけるでしょうが、実は壁の内側にも結露はできています。

内断熱の場合、コンクリートは外気温に同調しているので、室内側も冷えた状態で壁の内側の結露ができています。結露はカビの原因にもなるもので、ダニも発生させてしまい、喘息やアトピーを引き起こす恐れがあります。

外断熱コンクリートであれば、コンクリートの蓄熱効果によって室内温度を一定に保てるので、各部屋の温度差も小さくなり、結露が少なくなります。結露ができにくくなれば、カビの繁殖を防ぐこともできるでしょう。そして住み心地のいい建物になるのです。

家を建てる時などには実績や経験が多い事務所に頼むのが一番おすすめです。外断熱コンクリート 設計事務所では数多くの実績もある上に、ショールームで外断熱コンクリートの仕組みを説明してくれる上に実物模型まであるので、とても満足しました。是非一度相談に行ってみると良いですよ。

建物の耐久性が高い

外断熱コンクリートであれば、断熱材が厚く、コンクリートを守って劣化を遅らせる事ができるので、建物の耐久性が高まります。

ずっと住むなら耐久性の高い建物に住みたいですよね。外断熱コンクリートは、建物の耐久性を飛躍的にアップさせてくれるのです。コンクリートは通常、時と共に劣化してくるものです。

問題には、アルカリ性のコンクリートが二酸化炭素によって中性化してしまう事です。中性化したコンクリート内部の鉄筋は、耐腐食性が低下してきます。クラックから進入した雨水等により鉄筋の腐食が始まると、建物の強度は下がってしまうので、いかに劣化スピードを遅らせるかというのがポイントです。